不動産の相続では思わぬトラブルが発生する可能性も。弁護士にご相談ください | 弁護士法人ALG&Associates

ご相談・お問合せフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能 24時間受付

不動産の相続

法律相談30分無料

簡単に分けられない不動産は、遺産分割でトラブルになる可能性も
お困りの際は弁護士にご相談ください

不動産相続のお悩み

故人が不動産を保有していた場合には、遺族が遺産分割を行う際に思わぬトラブルが発生することがあります。
なぜなら、不動産という遺産(相続財産)は、よほど山奥の土地などではない限りある程度の資産価値がある一方で、物理的に分割するということが比較的困難であるからです。さらに、遺族の一部が当該不動産で生活している場合には、その者の今後の生活をどうするかにも関係するからです。

そのため、遺族が不動産を分割するにあたっては、一部の遺族が不動産を取得して、他の遺産(相続財産)で調整したり、または、現金を支払って調整したりする(代償)のですが、どの程度の調整を行えばよいのか、どの程度の金銭を支払えばよいのか、など、様々な問題が生じます。
また、不動産の相続の場合に重要なのが「登記」の問題です。代々受け継がれてきた建物などは、時として先代や先々代の名前のまま残されている場合があり、これらを今回の相続に合った登記に変更するには一苦労です。

トラブルを未然に防ぐためにも、不動産を含む遺産分割は弁護士法人ALGにご相談ください。

権利関係の把握

1.権利関係の把握

不動産には、不動産登記上、大きく分けて「甲区」に分類される権利と、「乙区」に分類される権利が存在し、1つの不動産であっても、所有権や地上権、抵当権などの様々な権利関係がからんでいます。また、故人が居住・使用していない不動産の場合、賃貸借や使用貸借など、様々な契約関係もからんできます。不動産登記簿謄本の精査や現地調査などから速やかに権利関係・契約関係を調査し、適切に遺産(相続財産)の状態把握に務めます。

適正な評価と公平な遺産分割

2.適正な評価と公平な遺産分割

俗に“一物四価”といわれるほど、不動産には様々な評価方法があります。そして、評価査定を行うにあたっては、鑑定業者により多額の費用を要する場合もあります。
弁護士法人ALGでは、これまでの実績と経験から信頼ある鑑定業者をご紹介いたします。また、適正な価格をもとに、ご依頼者様のご要望を最大限反映させた公平な遺産分割を導きます。

登記手続き

3.登記手続き

弁護士法人ALGでは、所属弁護士と所属司法書士の協同により、遺産分割手続きから相続を原因とする不動産の所有権移転登記まで、ワンストップのサービスを提供します。

遺産にアパートやマンションなどの収益物件がある場合のトラブル例

故人がアパートなどの収益物件を所有し経営していた場合、相続によって、賃貸借契約における「賃貸人としての地位」が受け継がれることになります。法律および判例上、この「賃貸人としての地位」を否定することはできず、収益物件を相続した場合に理由もないのに賃借人に対し「出て行け」などと立退きを迫ることはできません。

他方で、収益物件を相続した場合には、アパートの修繕など賃借人に対する義務の履行や、賃料の未払いがある賃借人との交渉など、様々な法的問題を抱えることになります。弁護士法人ALGでは、不動産トラブルの解決に長けており、様々な問題に迅速に対処することができます。不動産の相続に関するトラブルは弁護士法人ALGにお任せください。

賃貸人としての地位

弁護士法人ALGは多くの不動産関連法務を担当。不動産の相続もお任せください

弁護士法人ALGでは、1年間に600件を超える不動産関連法務を担当しております。
圧倒的な取扱い件数に裏付けされた実績と経験は、必ずご依頼者様のご要望に応えます。不動産に関連する相続問題は、弁護士法人ALGにご相談ください。

▼ 不動産に関する本も出版しております

大家さん、入居者に「訴えてやる」って言われたらどうしますか?

大家さん、入居者に「訴えてやる」って言われたらどうしますか?

【大家さんと管理会社が絶対に知っておくべきアパート管理と経営トラブル解決法】

  • 編:代表弁護士 片山 雅也
  • 編:執行役員弁護士 山岸 純
  • 著:企業法務事業部
  • 出版社:自由国民社

遺産相続に関するご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
ページの
トップへ