遺言書 | 相続トラブルは弁護士法人ALGにご相談ください

ご相談・お問合せフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能 24時間受付

遺言書

将来の紛争リスクを減らすためにも、遺言書の作成は弁護士におまかせください

遺言書は、被相続人の方が自らの意思を反映し、残された家族が平穏に遺産分割できるように作成するものです。
しかしながら、せっかく遺言書が作られたにもかかわらず、遺言書の方式を満たさない場合、遺留分を侵害する場合、遺言の内容が曖昧で解釈の余地がある場合等、遺言書の作成のされ方により、かえって、相続争いを引き起こす可能性もあります。

遺言書を作成するときは、可能な限り相続紛争に発展するリスクを抑える内容を考えるとともに、将来紛争となる可能性、紛争となった場合のリスク、必要な手続き、見通しなどについても理解しておくことが必要です。

弁護士は法律の専門家であり、遺言者の意向を尊重しながら、専門的知識、経験に基づき、将来の紛争を防ぐために有効な方法で遺言書を作成することができます。

遺言書がある場合

亡くなった人の生前の意思は「遺言書」により明らかになります。相続が発生したら、はじめに遺言書の有無を必ず確認してください。遺言書があれば、その内容が最優先とされます。
すでに遺産の分割協議が進んでいたとしても、後から遺言書があることが判明した場合、手続きを最初からやり直す必要がでてくる場合もあります。

遺言書によっては、法律で定められている内容と異なり、どうしても遺言書の内容を尊重できない場合もあります。即ち、法律では一定の相続人に対して、相続財産の一定割合について確保しています。これを、遺留分といいます。遺留分がある相続人は、自己の遺留分が侵害された場合、遺留分減殺請求権という権利を使って遺産を取得する方法があります。

ポイント検認手続きを行いましょう

遺言書がある場合、まず検認手続きを行いましょう
検認手続きは、後に遺言書が偽造・変造された場合にその事実が証明できるように、遺言書を保全するための家庭裁判所による手続きです。 遺言書は、家庭裁判所にある「遺言書検認申立書」に「相続人等目録」を添付して提出します。ちなみに公正証書遺言は検認は必要ありません。公証人役場に原本が保存されています。

遺言書がない場合

遺言書がない場合には法定相続分に従って遺産を分割することになります。この場合は遺産分割協議という話し合いによって遺産を分配することになります。

相続担当弁護士より
弁護士法人ALGがお手伝いできること

遺言は、後々の相続人間の紛争を防止するために非常に有効な手段です。
しかしながら、遺言は、厳格に方式が定められていて、これを守る必要があります。また、遺言の内容も複数の解釈ができないような法的効力のあるものにしないと、結局、遺言を残したものの、かえって紛争の原因になってしまった、ということにもなりかねません。

弁護士法人ALGは、このような将来の紛争防止のために、弁護士が以下のようにご協力させて頂きます。

1 遺言書の作成

前述のように、遺言書は、その方式及び内容をきちんとしておかないと、紛争につながる可能性があります。
弁護士に任せれば、相続関係の法規にも精通していますので、方式、内容ともに法的な問題、疑義の生じない、有効な遺言書を安心して作成してもらうことができます。

2 遺言執行者への就任

遺言執行者には誰でもなることができますが、実際のところ、弁護士が就任することが多いです。なぜなら、弁護士はこのような手続に精通しており、手続がスムーズに進むからです。
弁護士法人ALGでは、遺言執行者に就任して実際に執行した実績もあり、事前に就任することを約束して、お客様がお亡くなりになった後の懸念を取り除くことができます。

お電話でもご相談を受け付けております

遺産相続のお悩みを早めに解決するために、経験豊富な弁護士法人ALGの弁護士が強力サポートします。
まずはお電話ください。

フリーダイヤル0120-522-017

通話料無料
24時間受付
全国対応
ページの
トップへ