有効な遺言書の作成は弁護士にお任せください | 弁護士法人ALG&Associates

ご相談・お問合せフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能 24時間受付

メール相談

遺言書

法律相談30分無料

将来の紛争リスクを減らすためにも、
遺言書の作成は弁護士におまかせください

遺言書は、被相続人の方が自らの意思を反映し、残された家族が平穏に遺産分割できるように作成するものです。せっかく遺言書が作られたにもかかわらず、遺言書の方式を満たさない場合、遺留分を侵害する場合、遺言の内容が曖昧で解釈の余地がある場合等、遺言書の作成のされ方により、かえって相続争いを引き起こす可能性もあります。
遺言書を作成するときは、可能な限り相続紛争に発展するリスクを抑える内容を考えるとともに、将来紛争となる可能性、紛争となった場合のリスク、必要な手続き、見通しなどについても理解しておくことが必要です。

弁護士は法律の専門家であり、遺言者の意向を尊重しながら、専門的知識、経験に基づき、将来の紛争を防ぐために有効な方法で遺言書を作成することができます。

遺言書の作成

遺留分を請求したい

前述のように、遺言書は、その方式及び内容をきちんとしておかないと、紛争につながる可能性があります。 弁護士に任せれば、相続関係の法規にも精通していますので、方式、内容ともに法的な問題、疑義の生じない、有効な遺言書を安心して作成してもらうことができます。

遺言執行者への就任

遺留分を請求された

遺言執行者には誰でもなることができますが、実際のところ、弁護士が就任することが多いです。なぜなら、弁護士はこのような手続に精通しており、手続がスムーズに進むからです。 弁護士法人ALGでは、遺言執行者に就任して実際に執行した実績もあり、事前に就任することを約束して、お客様がお亡くなりになった後の懸念を取り除くことができます。

遺産相続に関するご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
ページの
トップへ