寄与分の主張は弁護士にお任せください|弁護士法人ALG&Associates

お問合せフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能 24時間受付

寄与分

法律相談30分無料

寄与分

寄与分とは一部の相続人が、

  • 被相続人の事業に関して労務の提供をした
  • 被相続人の事業に関して財産上の給付をした
  • 被相続人の療養看護をした

場合などに、「被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした」といえるなら、その相続人を、遺産分割において有利に扱うというものです。

寄与分を得るためには、「被相続人の財産を維持又は増加」させなければなりません。
したがって、家業を手伝って寄与分を得る場合というのは、単に被相続人の家業を手伝っただけでなく、家業を手伝う見返りとして十分な給料も得ず、財産を維持または増加させたような場合になります。

また、「療養看護」によって寄与分を得る場合というのは、本来であれば、看護にヘルパーを雇うべきだったところ、相続人が自分で看護したので、ヘルパー費用の支出をせずに済んだ、というような場合になります。

相続担当弁護士より
弁護士法人ALGがお手伝いできること

法律上、寄与分と認められるためには、「財産の維持又は増加について「特別」の寄与をしたと認められる必要があります。
この点、法律に慣れ親しんでいない方の場合、これらの点を見過ごしてしまう危険性があります。その場合、主張をしても裁判所に取り合ってもらえず、望まぬ結果に終わるばかりか、「自分は亡くなった人のために、あれだけのことをしたのに誰も取り合ってくれない」という思いを抱いてしまうかもしれません。

また、相続人の方々が法律的な観点を欠いたまま各々が「自分はこれだけのことをやった」と言い合い、紛争がいたずらに長期化する恐れもあります。

弁護士法人ALGにご依頼いただければ、亡くなった方や親族の経済状況や家族関係を分析し、効果的な主張を行っていくことができます。
ご依頼者が、これまで、故人のために行ってきた行為が、如何に特別な寄与行為であり、これによりどのように財産が増加または維持されたか、効果的な主張を行っていくことができます。

お電話でもご相談予約を受け付けております

遺産相続のお悩みを早めに解決するために、経験豊富な弁護士法人ALGの弁護士が強力サポートします。
まずはお電話ください。

フリーダイヤル0120-522-017

通話料無料
24時間受付
ページの
トップへ