相続財産(遺産)を弁護士が徹底的に調査します|弁護士法人ALG&Associates

お問合せフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能 24時間受付

相続財産の調査

法律相談30分無料

相続財産に漏れがないよう、
相続財産の調査は弁護士にご依頼ください

故人の相続財産(遺産)が相続の対象となるところ、遺産の範囲が明確になっていないと、遺産分割協議が円滑に進みません。そのため、故人の相続財産の調査が重要になってきます。
弁護士法人ALGに在籍している弁護士は、相続案件の経験が豊富であり、相続財産の調査に精通しております。

ご依頼者様、その他の相続人から故人が生前居住していた住居及び預金通帳等をお預かりのうえ、相続財産の調査を行います。
把握できていなかった預金がある可能性もありますので、我々が弁護士として銀行に問い合わせをして隠れた預金口座の発見に努めます。

不動産の調査を行う場合、対象となり得る不動産の登記簿を取得の上、その名義を確認します。故人の名義である場合、当該不動産は相続財産となります。その後、当該不動産の簡易査定を複数取得することで、適切な評価額を算出致します。

遺産相続に関するご相談・お問い合わせはこちら

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら

何が相続財産になるのか

預貯金などのプラスの財産だけでなく、借金などマイナスの財産も相続財産となります。相続財産の徹底的な調査は、後世の紛争予防のためにも極めて重要です。遺産分割の際には、相続財産に漏れがないか十分にご注意が必要です。弁護士にご依頼いただければ、故人(被相続人)の相続財産を迅速に調査いたします。

相続財産の種類

不動産、預貯金、有価証券、動産(貴金属や美術品)出資金、借地権、著作権、ゴルフ会員権、退職金、借金、保証債務

相続財産ではないもの

墓地、仏壇、香典、生命保険、年金(除く遺族年金)

相続財産に漏れがないよう、相続財産の調査は弁護士にご依頼ください

借金などマイナスの財産が多くあった場合には、そもそも相続してしまってよいのかという問題が生じ、相続放棄をしてしまった方が得策のケースもありますので、プラスの財産とマイナスの財産の合計額を厳密に計算する必要があります。
さらに、徹底調査すべき財産はマイナスの財産に限りません。プラスの財産、例えば、被相続人所有の土地等の不動産について調査が及ばず、失念していた場合には、世代を経た後に、突如、税務署から固定資産税の請求が来たり、工作物責任に基づく損害賠償請求がきたりする等の大きな問題が起こることがあります。

相続財産の徹底的な調査は、後世の紛争予防のためにも極めて重要です。遺産分割の際に相続財産に漏れがないよう、相続財産の調査は弁護士にご依頼ください。

相続財産の価値を評価する

どのような相続財産があるのかは、故人の財産目録を作成すれば分かりますが、相続を実際に行うためには、相続財産がどのくらいの価値があるのかを確定しなければなりません。

通常、財産は相続開始時の時価で評価しますが、相続税の申告の際の評価額は国税庁の通達である「財産評価基本通達」に従うため、一般的な相場と異なった額になることもあります。
評価には多くの専門知識を必要としますので、弁護士にご相談ください。

ページの
トップへ