初めての相続で何から手を付けて良いか分からず困っています。|遺産相続トラブルは弁護士法人ALG&Associatesにご相談ください

お問合せフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能 24時間受付

弁護士と学ぶ 相続Q&A<はじめての相続>

法律相談30分無料

はじめての相続でお困りなら弁護士へご相談下さいk
はじめての相続でお困りなら、
ぜひ相続問題の経験豊富な弁護士へお任せください。

一言で「相続」と言っても、遺言書の有無や遺産の分割方法、相続される財産とされない財産、相続をしたくない場合の手続きなど、かなり複雑になっています。
身近な人が亡くなったことにより、はじめて相続を行うことになったという方など、弁護士法人ALG&Associatesがスムーズな解決をお手伝い致します。

弁護士 荻野 弁護士 関

ご不明点は
お気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-522-017

  • 電話受付
    無料
  • 24時間
    受付

はじめての相続に関するお悩み相続についてどんなことでお困りですか?

相続はいつから始まるの? 相続が発生したら何をすればいいの? 遺言が無い場合の相続は? マイナスの財産を相続したくない
  • 相続はいつから始まるの?
  • 相続が発生したら何をすればいいの?
  • 遺言が無い場合の相続は?
  • マイナスの財産を相続したくない
はじめての相続Q&A

そもそも相続はいつから始まるの?何をすれば良いの?

相談者相談者
父が亡くなりました。葬儀も無事に終えたのでそろそろ相続について考えなくてはなりません。母は既に他界しているので、遺産は私と兄が引き継ぐことになると思うのですが、はじめての事で何から手をつけて良いか分からず困っています。相続はいつはじまるのでしょうか?
弁護士 荻野弁護士 荻野
まず、「相続はいつはじまるのか」ということですが、相続は人の死亡により自動的に発生します。
相続のご相談を受けていると「父は死んだが、相続はしていないです」と勘違いされている方がいらっしゃいますが、お父様が亡くなられた時点で相続が発生していることになります。
相談者相談者
私の相続は始まっているのですね。
それでは、相続が発生したらまず何をすれば良いのでしょうか?
弁護士 荻野弁護士 荻野
まずは、遺言の有無を確認します。遺言がある場合は原則として遺言の通りに遺産分割することになります。遺産分割の話し合い(遺産分割協議)が終わってから遺言が出てきた場合、話し合いをはじめからやり直すことになる可能性もあるので、遺産分割協議をはじめる前にきちんと確認しましょう。
相談者相談者
父が遺言を遺しているか確認してみます。遺言がない場合はどう遺産を分けるのですか?
弁護士 荻野弁護士 荻野
遺言がない場合は、法定相続人が遺産を相続することになりますので、相続人が誰であるのか確認しましょう。
相談者相談者
相続人は家族ですよね?わざわざ調査する必要があるのでしょうか?
弁護士 荻野弁護士 荻野
そう思われる方が多いのですが、亡くなられた方の戸籍を調べてみると、養子縁組をしていたり、認知した子どもがいたり、家族も知らなかった事実が出てくることがあります。
そういった相続人が参加しないで遺産分割協議をした場合、この遺産分割協議は無効になり、はじめからやり直さなければなりません。まずは、相続人の範囲を確定させることはとても重要です。
相談者相談者
なるほど。相続人の範囲が確定したら、遺産分割協議を始めても良いでしょうか?
弁護士 荻野弁護士 荻野
遺産分割協議を始める前に相続財産(遺産)の調査もした方が良いでしょう。
相続人は、預金などのプラスの財産だけではなく、借金などマイナスの財産も相続することになりますので、亡くなられた方の財産状況を徹底的に調査する必要があります。

マイナスの財産を相続したくないのだけど…

相談者相談者
借金も相続することになるとは知りませんでした。
父とは別居していたので詳しい財産状況は分からないので借金がないか不安です。
弁護士 荻野弁護士 荻野
もし相続財産の調査の結果、プラスの財産よりも借金などのマイナスの財産が多い場合は相続放棄を検討しましょう。相続放棄をすると、はじめから相続人ではなかったとみなされるので、借金を相続する必要がなくなります。
相談者相談者
借金があっても相続しなくてすむのですね。
弁護士 荻野弁護士 荻野
ただ、相続放棄するとプラスの財産も相続できなくなりますので、慎重に検討する必要があります。利息分の過払い金がある可能性もありますので、亡くなられた方に借金があったような場合は、弁護士にご相談ください。ご相談者様の状況に応じて相続放棄すべきか弁護士がアドバイスいたします。

遺産分割の流れを簡単に教えてください。

相談者相談者
相続放棄せずに、遺産を相続する場合はどうしたらよいでしょう。
弁護士 荻野弁護士 荻野
相続人全員で遺産をどのように分配するか協議します。これを遺産分割協議と言います。
亡くなった方の財産(遺産)は、その方がお亡くなりになった時点で相続人全員が法定相続分の割合で共有していることになります。
遺産分割協議を行なって、誰がどの遺産を相続するか決めます。
相談者相談者
もし、話し合いで決まらないとどうなるのですか?
弁護士 荻野弁護士 荻野
遺産分割協議で全員の合意が得られなかった場合、家庭裁判所で遺産分割調停を行うことになります。
遺産分割協議はこのように進めていきます。
  1. 任意交渉任意交渉(相続人間で直接交渉しあう)
  2. 調停調停(家庭裁判所において、調停委員を仲立ちにしながら、遺産分割の話合いを行う)
  3. 審判審判(裁判所に遺産の分割方法等を決めてもらう手続き)
相談者相談者
話し合いがこじれると審判にまで発展するのですね。
弁護士 荻野弁護士 荻野
相続は親族同士の感情的な軋轢の影響が大きく、紛争に発展するケースも少なくありません。相続を速やかに進め、紛争化させないためには早い段階で弁護士にご依頼いただくことが非常に有効です。ご依頼者さまの希望を実現するために弁護士が全力でサポートします。
相談者相談者
分かりました。遺産分割協議や準備を弁護士に依頼するか検討してみます。
弁護士 荻野弁護士 荻野
相続分野において弁護士がお手伝いできることは多岐に渡りますので、ご相談者さまのお力になれると思います。ご相談は30分無料ですので「はじめての相続で、何から手をつけて良いか分からない」というようなときはお気軽にご相談ください。
遺産相続の問い合わせはこちら
  • 電話受付無料
  • 24時間受付

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら

相続Q&Aは、具体的な案件についての法的助言を行うものではなく、一般的な情報提供を目的とするものです。
相続に関するお悩みは、弁護士法人ALGまでお気軽にご相談ください。

弁護士と学ぶ相続Q&Aシリーズ

遺産相続に関するご相談・お問い合わせはこちら

フリーダイヤル0120-522-017

  • 電話受付無料
  • 24時間受付

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
ページの
トップへ