北九州市小倉南区で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

お問合せフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能 24時間受付

  • 相続に強い弁護士法人ALG

北九州市小倉南区の遺産相続のトラブル・ご相談は相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

法律相談30分無料

北九州市小倉南区の遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

年中無休・24時間受付・専門の受付職員が丁寧にご対応します

北九州市小倉南区で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー

相続に強い!北九州市小倉南区の遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG

全国対応いたします。北九州市小倉南区の遺産相続トラブルもお任せください

相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

北九州市小倉南区の遺産相続トラブルでお困りの方へ

弁護士と学ぶ相続

北九州市小倉南区で亡くなった父の遺言書、弁護士を通じて開封しようと思います。

私は、北九州市小倉南区在住の会社員です。

亡くなったのは私の父親です。母親は、私が小さい時に亡くなっています。私には、遠方に住んでいて、会社員をしている兄がいます。兄は、滅多に北九州市小倉南区に帰って来ない状況でした。

父親は、糖尿病で北九州市小倉南区内の病院へ通院をしていました。その時、私がほとんど付き添っていたのです。父親は、ひとり暮らしをしていましたが糖尿病が分かってからは、少し心細かったようです。病院にいく際には、ほとんど私に連絡があったのです。

その父親は、北九州市小倉南区の病院でなくなりました。そのなくなる前に、遺言書を書いておいたといっていました。しかし、そのことについてはすっかり冗談だと思っていたのです。父親は、株券等で5000万円ぐらいの財産を持っていました。後は父親がひとり暮らしをしていた家と土地になります。

相続について全く考えていなかった時、父親の家を整理しているとその家から遺言書と書かれたものが出てきたのです。それを見た時、父親が遺言書を記載していると話していたことを思い出したのです。しかし、その遺言書についてどんな風に扱ったらいいのかわかりません。自分で開封していいのでしょうか。兄に、そのことを伝えると開封しようということになりました。しかし、私としては不安です。もめごとになっても困るので、北九州市小倉南区で対応してくれる弁護士さんを通じて開封したいと思っています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

北九州市小倉南区の遺産相続に関するご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容を丁寧にお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
ページの
トップへ