いすみ市で遺産分割協議・遺留分・遺言書等の相続に関するご相談なら、弁護士法人ALG&Associatesへ

お問合せフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能 24時間受付

  • 相続に強い弁護士法人ALG

いすみ市の遺産相続のトラブル・ご相談は相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

法律相談30分無料

いすみ市の遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

年中無休・24時間受付・専門の受付職員が丁寧にご対応します

いすみ市で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー

相続に強い!いすみ市の遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG

全国対応いたします。いすみ市の遺産相続トラブルもお任せください

相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

いすみ市の遺産相続トラブルでお困りの方へ

弁護士と学ぶ相続

いすみ市で亡くなった父が亡くなる間際の言葉が遺言状と違ったら…。

私はいすみ市在住で35歳の公務員です。

家族は、他にいすみ市内に住む父親と姉がいます。父親と姉はもともと別居でしたが、父親の体調が思わしくないということもあり、ここ数ヶ月は同居のような状態で父親の世話をしていました。

父親の病状が芳しくなくなり、私も実家の方へ向かいました。亡くなる直前、実家には姉と、病院の先生も駆けつけてくれていました。まだ父親には若干の意識があり、私も間に合うことができました。すると、父親は最後の力を振り切ってこう言ったのです。

「やっぱり揉めちゃうからな、ふたりで仲良く分けてくれ」

そう言って父親は亡くなりました。私は最初、父親が何を言っているのかまったく分からず、とにかく父親が亡くなったという悲しみを受け入れるので精一杯でした。

この理由はのちに分かりました。後日父親の遺言状が見つかり、中身を開けてみると、年上ということと、自分の世話をしてくれたという理由で、自分の相続財産を姉が7割、年下でどちらかというと父親の世話があまりできなかった私が3割を相続する、という内容でした。しかしこの割合だと後日私と姉が揉めるかもしれないと思い、亡くなる直前にあのようなことを言ったのだと思います。

しかし、遺言状にははっきり割合が書いてあるのと、「仲良く分ける=半分」と解釈されるのかも分かりません。さらに姉は父親の世話で費用もかかっているからこの割合でいいでしょ、と言いますが具体的にどのくらいの費用がかかっているのかもよく分かりません。

このような場合でも、私は相続財産を半分もらうことはできるのでしょうか?いすみ市で対応してくれる弁護士さんに相談をしてみたいと思っています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

いすみ市の遺産相続に関するご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容を丁寧にお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
ページの
トップへ