豊明市での遺産相続の相談は弁護士法人ALG&Associatesへ|相続問題に強い弁護士チームが迅速に対応

お問合せフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能 24時間受付

  • 相続に強い弁護士法人ALG

豊明市の遺産相続のトラブル・ご相談は相続に強い弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

法律相談30分無料

豊明市の遺産相続のご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

年中無休・24時間受付・専門の受付職員が丁寧にご対応します

豊明市で遺産相続に関するお悩みはございませんか?

遺産相続のお悩み別メニュー

相続に強い!豊明市の遺産相続のご相談は弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

相続に強い弁護士法人ALGのご紹介 相続に強い弁護士法人ALG

全国対応いたします。豊明市の遺産相続トラブルもお任せください

相続問題を全国対応 遺産相続問題のご相談の流れ

豊明市の遺産相続トラブルでお困りの方へ

弁護士と学ぶ相続

豊明市で亡くなった父、実家の品々のどこまでが父の遺品なのか弁護士に調査してもらいたい。

私は豊明市で暮らす40歳の会社員です。豊明市内の会社に勤務しています。

家族は、同じ豊明市に住んでいる父親と弟がいます。父親と弟は同居している状態です。

先日、父親が心筋梗塞で急死しました。父親は、いわゆる趣味人で、高そうなカメラや釣竿や貴重なレコードなど、たくさんのものを所有していました。その分現金や株などの財産らしい財産はあまり残っておらず、実家があるくらいです。

一方の弟も趣味が多く、父親と趣味の内容が被る部分も結構ありました。そこで揉めてしまったのが、相続財産がどれだけあるのか?ということでした。父親の部屋にあるものをインターネットのオークションサイトで調べてみると、結構いい値で売れるものも多くあるのです。また、父の部屋に置ききれなかったのか、リビングに置いてあるものも結構あり、これらもかなりの価値があるようなのです。

これらも立派な財産だな、と思い、弟とどのように分けるか話をしたところ、「このリビングに置いてあるもののたいていのものは自分が買ったものだ」というのです。たしかに父と弟の同じ趣味のものも置いてあったので、全くウソとは思えないのですが、しかし誰がどう見ても古いものが多く、父親が買ったものが大半を占めているように思えるのです。さらに、父の部屋の中にあるものも、お前が使えと生前に言われていたものが多いと弟は言い張るのです。

結局、どのように分ければいいのか、どこまでが父の財産なのか、全くわかりません。しかし、このまま弟の言うとおりに従うつもりはありません。豊明市で対応してくれる弁護士さんに、どのようにすればいいのか相談をしたいと思っています。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。プライバシーマークを取得している弁護士法人ALGが対応致しますので、安心してご相談ください。

豊明市の遺産相続に関するご相談はこちら

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容を丁寧にお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
ページの
トップへ