福岡での遺産相続の相談は弁護法人ALG&Associates 福岡支部へ | 相続問題に強い弁護士チームが迅速に対応

ご相談・お問合せフリーダイヤル

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能 24時間受付

弁護士法人ALG 福岡支部
法律相談30分無料
弁護士法人ALG&Associates

福岡支部

相続問題に取り組む上で、大切にしていること、心掛けていること

心情的側面と法的側面とを切り分けて考えることを心がけています。相続紛争は、生前に被相続人と各相続人とがどのような関係であったかが争点になることが多く、例えば、「お父さん(お母さん)は●●と思っていたはずだ」、「生前の使い込みがあった」、「遺言は書かされたものだ」、「誰々は家を買ってもらった」、「借金の肩代わりをしてもらった」、「学費を払ってもらった」、「母(父)の世話をしたのは私たちです」といったことは、必ずといってよいほど争点になります。心情的にはよく理解が出来ますが、昔の出来事を立証することは容易ではなく、客観的資料でどこまで戦えるのか見通しを立て、そのうえでどういう戦略を立てるか考えなければなりません。弁護士としては、心は熱く、戦略は冷静に立てないといけないので、切り分けて考えることを忘れないようにしています。

弁護士 今西眞
福岡支部長 弁護士

今西 眞

福岡県弁護士会 所属

Q.相続問題においてやりがいを感じた瞬間は?

A.相続人が納得のいく解決が出来た時は、やりがいを一番感じます

経済的利益を多く獲得し、依頼者の利益を最大化できたときはもちろんですが、被相続人の生前の意思に沿えたかなと思ったときでしょうか。お亡くなりになられた方の本当の気持ちは分かりませんが、子供たちが相続でいがみ合うことを望む親はいないでしょう。相続人が納得のいく解決が出来た時は、やりがいを一番感じます。でも、相続人の皆さんが納得のいく解決は難しいのが現状です。

Q.相続問題において弁護士はどんな仕事をしているのですか?

A.相続紛争を交渉、調停、審判、訴訟といった色々な方法で解決します

まずは、戸籍や不動産登記、預金通帳などをもとに、相続人調査、相続財産調査、法定相続分、具体的相続分を算定します。そのうえで、交渉、調停、審判、訴訟といった色々な方法で解決します。相続紛争は、感情的対立が強く、調停などの法的手続きに移行してしまうことも少なくありません。また、相続紛争では、使途が不明な預金の引出しが問題になることが多く、どの紛争よりも預金通帳の入出金をExcelなどで整理し、お金の流れを追いかけていることが多いのも特徴です。

Q.今までで心に残った相続問題でのエピソードは?

A.内縁の相続問題について

内縁の夫を亡くされた方と、内縁の夫の母との紛争は記憶に残っています。内縁配偶者の相続権は明確に法定されているわけではありません。生命保険や自宅不動産の取り扱いはもちろん、分骨を認めるか否かが大きな問題になりました。弁護士になって間もない頃で、分骨したいというお気持ちをどう解決すべきか悩んだことを覚えています。●●家の嫁に相応しくないと結婚を許されなかっただけで、周囲には夫婦と認識されていた方だっただけにやりきれない気持ちになりました。内縁の問題については、そろそろ法的整備が必要だと思います。

福岡支部での来所相談が可能です。福岡近郊で遺産相続問題でお悩みの方は、お気軽に弁護士までご相談ください

事務所 所在地

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡 4F

アクセス

地図

遺産相続に関するご相談・お問い合わせはこちら

フリーダイヤル0120-522-017

携帯・PHSからも利用可能。まずは専任の受付スタッフがご相談内容をお伺いいたします。

メールでのご相談はこちら
ページの
トップへ